被害者や事故現場の確認

自動車の運転中などに交通事故にあってしまった場合では、常に適切な対応を行うことが求められています。例えば加害者側になってしまった場合では、被害者となる相手側の身体に関する情報を即座に見極めることが何より大切な項目とされており、例えば怪我などをしてしまっている場合では、直ぐに現場から救急車などを手配することが必要になります。その後に警察に連絡をして、事故処理を行ってもらうことになり、事故現場の状態を的確に伝えることが必要になります。警察では必要に応じて他の自動車の誘導などを行うことになり、周囲の安全も確保されることになります。また、事故証明を発行した後には、加入している保険会社に直ぐに連絡することも必要になります。その際には事故の詳細事項などを聞かれる場合もありますが、全てを適切に伝えることも大切な部分になります。一般的には過失割合というものがあり、この点に関してはそれぞれの保険会社間で話し合われることになりますが、完全に全ての過失が本人にある場合では、補償を全て本人が加入している保険で賄うことになります。その一方で、被害者側となった場合で、過失が全く無いという場面では、保険会社に連絡する必要が無いものとされています。

Comments are closed.