保険未加入のデメリットとは

自動車保険には自賠責保険と任意保険の2つがあります。
自賠責保険は公道を走るすべての自動車及びバイクに加入義務があり、未加入の場合には懲役刑もしくは罰金による刑罰を受けることになります。加入目的は被害者への賠償で、被害者に対して最低限の補償ができるように国土交通省にて加入を義務化しています。
対して任意保険は自賠責保険だけでは補いきれない自動車事故の損害を補填する目的があります。ただし加入は任意ですので、仮に加入していなくても罰則はありません。
こういったことから自賠責保険には加入しているけど、任意保険には加入していない無保険車も少なくはないのが現状です。
しかし先述したとおり、任意保険は自賠責保険では足りない賠償を補填する目的があるため、加入しないまま事故を起こした時に豪い目に合うことが予想できるでしょう。例えば、自動車事故で相手を死亡させてしまったというとき、被害者の条件に応じてですが最大で数億円の損害賠償の支払いが求められます。
自賠責保険では被害者を死亡させた場合に最大で3000万円まで補償できますが超過分は任意保険にて補填します。しかし任意保険に加入していないと残りの賠償額は自己負担です。
保険に加入しないということは被害者と自分の今後の生活を補償しないも同然のことですので、そのリスクを考えるときちんと加入しておくべきでしょう。

Comments are closed.