加害者と被害者の保険への関わり方の違い

自動車事故を起こして相手に何かしらの損害を与えてしまった時には損害賠償が求められます。
例えば相手の所有物を傷つけたり壊したりした場合、また本人に怪我、後遺症、死亡させてしまった場合に、そこに受けた損害を賠償する義務が加害者には課せられるのです。中でも高級車を壊してしまった、相手に後遺症を残した、死亡させてしまったという場合には数千万円~数億円という賠償金額の支払いが迫られますので、一般家庭では到底補いきれる金額ではありません。
しかし相手の生活もかかっていますのでお金がないので支払いませんというわけにはいきませんし、自分の生活を犠牲にする覚悟も必要になるでしょう。
そこで、こういった問題を解消するために自動車保険へ加入します。これは本来、被害者への損害賠償の目的で加入するものです。
無制限でかけることができるため、仮に数千万円、数億円という賠償金の支払い命令が来ても問題なく賠償しきることができます。ただ、任意加入ですので必ずしも契約しなくてはいけない義務はありません。しかし、上記の説明からも分かるように、万が一の賠償額は膨大ですし、自動車事故も予測できるものではないため、被害者と加害者の生活を守るためにも加入は必要とされています。

Comments are closed.