もし被害者になってしまったら一番にすること

もし被害者になってしまったら一番にすることは、もし加害者側が当て逃げなどをした場合でも警察に連絡することになりますが、もし加害者が逃げずにその場にいた場合も、その加害者の免許証やナンバープレートを見て確認しておくことになります。
この際にしてはいけないことは加害者側と示談交渉をすることです。ここで話をしてしまうとその後の話がこじれやすくなったり、あるいは保険会社が示談交渉をしようとしても先に話をしているということでややこしくなります。この件は加害者側も被害を受けた側も同じことが言えます。
また、事故に遭って怪我をした場合で意識がないような場合は救急車で搬送されるということになりますし、また、意識はあるけれども血が出ているとかした場合には、警察よりも救急車で病院に行くことが優先されます。被害にあった側が連絡をするのは酷な場合が多いので、加害者側がすることになったり、加害者がひき逃げの場合にあっては周りの人から連絡するということになることが多くあります。
怪我などがないばあいにおいては、その場で検証に立ち会うことになります。保険会社用の書類などはあとで取りに来るように言われるので、早めに行動しておくことが必要です。

Comments are closed.