もし任意保険未加入の車と事故になった場合

自動車同士や自転車に乗っていて相手の自動車と接触事故になった時など交通事故の可能性はあちこちにあります。そのため、自賠責に入るのは強制なので必ず加入しているはずですから、相手側に過失割合が高い場合には自賠責での賠償をまずはしてもらうことになります。
もし自賠責でも支払いきれない場合には通常任意保険で対応という話になりますが、場合によっては加入していないことがあります。示談交渉の中で自賠責以上の賠償を相手側に求めることになりますが、自賠責でも払いきれない場合には大抵の場合は相手に資力がない場合であり、支払いきれないのと示談交渉がまとまらずに決裂することも十分考えられます。
こうした場合には訴訟ということになります。重い障害や場合によっては死亡事故だったりすればその償いを相手には求め続けることになります。ただし、相手側が支払い能力がないなどの理由で、賠償をしてくれない可能性がありますので、そうしたときには裁判で白黒つけるしか方法がありません。ここで勝訴となり賠償金額が確定すれば、その金額について相手側は支払いをどうすrのかについて決定の上、こちらに毎月いくらという形で支払い続けることになります。

Comments are closed.