もし自賠責保険未加入の車と事故になった場合

自賠責保険とは自動車やバイクに強制的な加入義務があり、その目的は被害者への賠償です。
怪我の場合は最大で120万円まで、後遺症の場合は最大で4000万円まで、死亡の場合は最大で3000万円まで自賠責で補償されることになっています。そして、それ以上の賠償に関しては任意で加入する自動車保険で補填することになります。
国で加入を義務付けている保険ですので、未加入の場合には懲役刑や罰金が科せられることになるでしょう。
さて、自賠責への未加入保険車と事故を起こした場合ですが、この場合でも被害者は国から補償を受けることができます。
通常、自動車保険は加入者が請求をしなくては保険金の支払いが受けられないのですが、自賠責に関しては被害者自身が国へ請求することができるシステムになっているため賠償を受けることは不可能なことではありません。また、国から損害の補償を受けた際には、被害者に代わって国が加害者へ賠償請求を行うことになり、被害者がそれを求償できない場合は訴訟、加害者の所有物にて債権回収を行うことになるでしょう。
ただ、賠償を受けられない可能性もあるため、その場合は国道交通省または弁護士への相談をしてみてください。

Comments are closed.