事故後にしなければいけないこと

反対車線から飛び込んできた車との衝突で、明らかに被害者となった時、すぐに警察を呼び対応を求めましたが、あとは加害者とのお話で進めて下さいと言われました。(警察では保障については全く関わらない)お互いに連絡先を交わしたものの、加害者からその後連絡を取る姿勢がありませんでした。こちらから掛けても不在の事が多く、お仕事がお忙しいのだとは思いますがその誠意の無さに苛立ちが増してきました。事故後2,3日その状態が続いたので連絡済であった保険会社の方へ事情を話し、取り合って頂くことにしました。お相手の保険会社の方に取り合ってもらうまでにも、かなり強く押さないと動いて頂けなかったです。事故後日数が立てば、できてしまった損傷もいつのものかウヤムヤにされてしまうことを以前にも経験したことがあるため、ここまでをもっとスピーディに対応する必要があります。加害者さんは結局車両保険を使いたくなかったようで、自費で修理をお願いしますという話でしたが、そのお話を聞くまでは修理に出していいものやらこちらも不安でした。その為には誠意ある加害者さんであれば、これほど気を揉む必要もないですが、そうでなかった場合に保険会社の力がここで問われる気がします。保険会社も保険で払うのか、自費なのかの決断意思は結局ご本人が決めることなので、本来ならば加害者から連絡を早急にすべきですが、保険会社からの回答が先でした。事故を起してもその責任逃れをする方もいるのでその連携ができる保険会社選びは重要です。

Comments are closed.